タグ別アーカイブ: 青野楓

ARK流「公演前にしておくこと」

※これは投稿から数年が経過している古い記事です。当時の様子を残すためにそのまま掲載しています。

ここではゲームやコミックなど、”原作つき舞台”についてまとめています。私、ARK自身が体験したこと、および個人的な楽しみ方を紹介します。

GAME_PS3
PS3『ペルソナ4 ジ・アルティマックス…』

舞台とは演者さんたちの生の演技をみることが醍醐味です。会場のお客さんもある種の緊張感があり、それゆえ一体になるような雰囲気もある場です。できれば物語を追うだけでなく、いろいろなことを感じたいものです。
そんな観点から舞台を楽しむにあたって、少しでもプラスになればと思い、以下に”原作つき舞台”の鑑賞についてのポイントを記します。

 

 

世界観を予習しておく

CD
PS2『BLOOD…』サントラ

日常生活を扱った物語であれば通常の範囲の感覚で理解することができますが、それでも登場人物の個性、作品のノリなどを含めた世界観は事前に知っておいた方がよいと思います。
一方 ファンタジーやSFなどをテーマとして扱った作品は、その世界特有の設定やルールがあるので、あらかじめ知っておいた方がよいと思います。

オリジナル作品を視聴しておく

COMIC
コミック『鬼切丸』

舞台のオリジナルである、たとえばゲームやコミック、アニメ等は事前に鑑賞しておいた方が良いです。
事前の予習は先々の展開がわかり楽しみが減るというよりも、舞台の鑑賞時にスムーズに理解できるようにするために必要なことであり、進行を妨げないようにするために重要であると思いました。
なぜなら”原作つき舞台”は、原作のファンを意識したつくりになっているからです。すでに知識はあるものとして進んでいく場面も多くあります。知っている人だけが理解できる隠語や、過去のシリーズの話題がでてくることもあります。
また、たとえば主要登場人物の名前を覚えておくだけでも、ずいぶんと物語の理解度が違ってきます。

演者のことを調べておく

Aono_Miyahara
舞台『P4U』より■ラビリス(青野楓氏)とアイギス(宮原華音氏)■普段から仲がよい。

会場のお客さんの会話から、お目当ての役者を目的として来場されている方も多くいらっしゃる様子をうかがえます。ステージ上で生で見られるということもあって、かなり盛り上がっています。
せっかく目の前にご本人が登場することから、公式サイト等でプロフィールや普段の活動の様子を知っておくと、より愛情をもって舞台を鑑賞することができると思います。
ARKの場合、それまでまったく知らなかった演者も多くいますが、舞台をきっかけに彼らへの視野が広がるようになりました。

過剰な情報収集は逆効果

物語の先々の展開を知らずに鑑賞することも舞台を楽しむための重要な感覚です。予習が過熱してすべてを把握してしまうのは、せっかくの舞台鑑賞の機会がもったいないと思います。
ARKの感覚ではありますが、舞台は一部が原作どおりで、一部が制作サイドの独自の解釈でつくられている、という印象を持っています。「ファンでも楽しめる」、「ファンでなくても楽しめる」という両方の表現が当てはまるこのためだと思います。また原作には存在しないキャラクタが登場する場合も演出要素のひとつだと思います。
元となる世界観だけ理解できていれば、あとは楽しむゆとりが生まれます。

ところでゲネプロ(通し稽古)などはマスコミに公開されることが多く、私たちも記事として舞台公開前に目にすることができます。ARKが上記で示した「予習」とは異なり、物語の流れを追って写真付きで公開されることも多く、いってしまえば舞台を鑑賞する必要はないくらい丁寧に記事が書かれていることもあります。
それ自体を否定するものではありませんが、この私のコーナーの提案として、ゲネプロの記事は舞台を鑑賞したあとに復習として読むことを強くお勧めします。

事前学習は一長一短

1.予習して、スムーズに物語の流れを追いたいか
2.予習せずに、学習物語の展開を楽しみたいか

過度に情報収集する必要はないかと思います。
ご自分で選択され、楽しい舞台ライフを!

特集|舞台『BLOOD-C』

※これは投稿から数年が経過している古い記事です。当時の様子を残すためにそのまま掲載しています。

実写映画『阿修羅少女~BLOOD-C異聞』の公開が決定しました。
主演は青野楓さんで、2017年 秋に公開されます。

主演 青野楓
松村龍之介/古田新太/宮原華音|坂井真紀/手塚とおる/八神蓮/田中要次/水野美紀|郷本直也/滝川英治/南圭介/結城貴史/友常勇気/石渡真修/中山孟/時光陸/古波倉要/宮城紘大/吉川麻美/白柏寿大/銀粉蝶

詳しくは、当サイト記事へ。
記事ではこの映画について、情報をまとめています。ぜひご覧ください。

 

公演は終了しました。
素敵な時間をありがとうございました。

ここでは2015年7月2日(木)から公演された、舞台『BLOOD-C ~The LAST MIND~』についての紹介をしています。
舞台公演終了後の情報は、当サイトの以下のコンテンツに随時追記していきます。

特集|舞台『BLOOD-C』
BLOOD作品の系譜
☆公演後Gallery
公式ニュースまとめ
公演情報
演者コメント(動画)1
演者コメント(動画)2
記事(テキスト)
#ハッシュタグ収集

舞台概要

[YouTube:NEGADESIGNWORKS公式アカウントのコメントより]
2000年公開の「BLOOD THE LAST VAMPIRE」以降挑戦的な内容とスタイリッシュな作画で話題を呼び続けた「BLO­OD」シリーズ。
2011年TVアニメ化、2012年には劇場版も公開された「BLOOD-C」の舞台­化が決定!
TVアニメシリーズと劇場版の間に存在する時間をこの舞台の為に書き下ろす完全新作で­す。

プロモーション映像第1弾


(2015.03.25 公開動画)

プロモーション映像第2弾CM


(2015.06.02 公開動画)

※詳しい情報は公式サイトをご覧ください。